オープンしてから行うこと|合理的な管理ができる POSレジ|勤怠管理などにでも活用可能
男の人

合理的な管理ができる POSレジ|勤怠管理などにでも活用可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンしてから行うこと

治療

まずは届け出を出そう

柔道整復師として開業をするためには、物件の準備から内装の設備を整えるなど行わなければならない準備は山のようにあります。そして物件の準備と内装が整ったら、柔道整復師としての開業の準備が終わりかというと、そうではないです。すべての準備が整って開業をしたら、次に役所に開業した旨の届け出を出しましょう。この届け出というのは、オープンする前に出すものと思っている方もいますが、実はオープンしてから10日以内に提出することになります。柔道整復師の資格のコピーなど合わせて提出するべき書類があるため、あらかじめ書類を準備しておいて、オープンしたらすぐに提出できるようにしましょう。プレオープンの期間を設けて、その時に書類を提出するという方も多くいます。

保険請求考える

柔道整復師として開業したら、普通の商売とは異なり保険請求について考える必要があります。毎月の収入について考えるうえで、保険請求の計算は大切なことなのですが、そろばんや電卓を使って毎日計算するのは手間も時間もかかる作業です。そこで保険請求について考えるときには、ソフトを導入するのも大切です。柔道整復師の方が保険請求を計算することを想定して作られたソフトがいくつも販売されています。そのようなソフトを導入することで、日々の保険請求に必要な計算の手間を減らせます。一口にソフトといっても色々なソフトがあるため、導入する費用や機能を比較して、規模に合わせたソフトを選択することが大切です。実際にソフトを使っている方の評判を考慮して選ぶのもおすすめです。