レディ

合理的な管理ができる POSレジ|勤怠管理などにでも活用可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家に任せましょう

会社

会社売却を検討しているのであれば、まずは専門家に依頼するようにしましょう。会社売却をする際には様々な手続きが必要になりますし、売却先の会社も見つける必要があります。それらのサポートを行ってもらって、ベストな条件で売却を行いましょう。

詳しくはこちら

開業のバックアップ

男女

大阪では飲食店を始めとして、独立開業するサラリーマンが多く見られます。そのような場合に開業支援サービスを利用すれば、失敗するリスクを抑えて事業を始めることができるようになります。全てをトータルサポートするものや、ピンポイントで必要なことをサポートしてもらうこともできます。

詳しくはこちら

オープンしてから行うこと

治療

柔道整復師として開業したら、次に役所に届け出を出す必要があります。この届け出は、オープンしてから10日以内に提出しましょう。また開業したら保険請求について計算を行う必要がありますが、計算の負担を減らすために、ソフトを導入するのもいいでしょう。

詳しくはこちら

高機能レジで経営管理

レジ

売上データの記録を合理化

近年、小売業やサービス業などの分野で普及が進んでいる店舗管理機器に、POSレジというものがあります。POSレジは、コンビニやスーパーなどでおなじみのPOSシステムを運用できる高機能レジです。POSシステムとは商品等の販売データを売上が発生した都度収録・管理するシステムです。収録されるデータは品目・個数・日時・購買者の属性など多岐にわたっており、さまざまな加工を施すことにより販売実績を細かく管理したり、今後の売上を予測したりするのに活用できます。このPOSレジですが、以前は非常に高価であったため大手資本の全国チェーンなど限られた店舗でしか導入されていませんでしたが、最近では小型化・低価格化が進み、小さな個人商店でも手軽に利用できるようになっています。

ポイントサービスにも応用

このPOSレジですが、売上データの管理という本来の目的以外にも、システムの構成をアレンジすることでさまざまな用途に活用することができるようになっています。たとえばカードリーダーを付設した場合、クレジットカードによる決済や会員制ポイントカードの管理などに使えます。さらに、利用者の個人データと購入履歴を組み合わせることで、DMの発送などの販促活動の際に1人1人の嗜好に合わせたキャンペーンを行うことができるようになります。また、POSレジを勤怠管理に応用することも可能です。POSレジはパソコンと同様にいろいろなソフトを動かすことができるため、勤怠管理用ソフトをインストールし、社員カードをカードリーダーに読ませたり社員番号を入力したりすれば、出勤・退勤・途中休息などの記録を一元管理することができます。